本間宗究(本間裕)のコラム

* 不定期に更新いたします。
* 過去のコラムは、こちら

2019.1.9

人類の発展史

現在のような「混迷の時代」においては、過去数千年間の「人類の発展史」を考えることが重要なポイントの一つだと考えている。つまり、「人類は絶えざる創造と進化の過程にある」という理解のことだが、基本的には、「約6000年前」に「お金」が発明され、また、「約4000年前」に「文字」が発明されたという状況でもあった。そして、その後は、「約2000年前」に「キリスト教」、また、その500年ほど前に「仏教」が誕生したというような展開でもあった。

そして、この点を、「天爵」、あるいは、「天の位」で考えると、「人類の精神レベルが、どの程度にまで上昇したのか?」が判断できるものと考えているが、実際には、「お金」や「文字」が発明された段階では、「1のレベル程度」、すなわち、「獣から人間に成長した状況」だったようにも感じられるのである。また、「仏教やキリスト教の出現」については、「人類の精神レベルを、2程度にまで上昇させたのではないか?」、そして、その後の「ケプラーからニュートンへ」という「自然科学の飛躍的な発展」は、「3レベルにまで、人類の精神を向上させたのではないか?」とも考えている。

しかし、現在の問題点としては、「発展した科学技術」と「人々の道徳心」との「大きな乖離」が指摘できるものと思われるが、実際のところ、「原爆」のように、科学技術が、誤った使われ方をした場合には、世界全体が崩壊する可能性も存在するのである。あるいは、現在の「マネーの大膨張」のように、「人類の欲望」を全面的に開放した場合には、地球環境の破壊が引き起こされる可能性」も存在するのである。

つまり、「人類の健全な発展」のためには、「文明法則史学」が教えるとおりに、「西洋の時代」と「東洋の時代」が、交互に発展する必要性があるようにも感じているが、現在は、まさに、「西洋の唯物論的な時代が、終焉の時を迎えようとしている状況」とも言えるのである。

具体的には、「物質」を代表する「お金」が、「サイバー」という「仮想現実の世界」から抜け出して、「リアルの現実世界」で暴れまわろうとしている状況のことだが、この点については、今後、「国債価格の暴落」とともに、世界中の人々が理解するものと考えている。別の言葉では、「国家」や「中央銀行」に関して、間もなく、「資金的な行き詰まり」が発覚する可能性を憂慮しているが、実際には、この時から、本格的な「東洋の時代」が幕を開けるものと想定されるのである。

2019.1.9

三次元の観念論と四次元の具体論

今から1600年ほど前に、「インド」で成立し、かつ、展開された「唯識論」については、「驚き」とともに「残念さ」を感じた。つまり、「人間の心」に関する「精緻な理論」が、はるか昔に展開していた事実に「驚愕の念」を抱いたが、一方で、「三次元の観念論」により「理論の堂々巡り」が行われた結果として、「その後、ほとんど理論的な発展がみられなかった状況」に対して、大きな失望感を抱いたのも事実だった。

具体的には、「各個人にとっての世界は、その個人の表彰(イメージ)にすぎない」という結論により、「目の前に存在するリンゴ」についても、「実際には存在しない」と理解されているのである。つまり、「三次元」という「時間の観念を無視した考え」により、誤った結論に導かれたようだが、「四次元の具体論」では、「時間の経過とともに、リンゴが、どのようにして出来上がり、また、どのようにして形を失うのか?」が、簡単に理解できるものと思われるのである。

つまり、現在の「自然科学」が、すでに証明したように、「物質」は、「個人のイメージ」ではなく、「間違いなく、世界に存在するものである」という理解の方が正しいものと考えている。ただし、「なぜ、唯識論が、観念論の堂々巡りに遭遇したのか?」を考えると、実際には、現在の「経済学」と同様に、「2019年の1月」における「現在だけの世界情勢」を考えているものと想定されるのである。

別の言葉では、「四次元の具体論」で考えると、「現在の世界情勢は、どのようにして形成されたのか?」が簡単に理解できるものと思われるが、実際には、「世界の一部だけを論じた意見」や「過去の推移を無視した意見」などが横行し、「何が何だか、訳が分からない状況」となっているのである。そして、予期しないような「大事件」に遭遇した時に、初めて「人々の意識」が覚醒し「実情に気付かざるを得ない状況」が想定されるのである。

つまり、このことが、歴史が教える事実であり、今回も、間もなく、同様の事態になるものと考えているが、今回の救いは、「唯識論」の発展により「心の謎」が解明される可能性とも言えるようだ。また、その前提条件となるのは、「お金の謎」が解明され、「経済学」を始めとした「社会科学」が、今後、飛躍的な発展を見せることだが、実際には、過去数百年間で目覚ましい発展を遂げた「自然科学」が、「社会科学」の分野に波及することである。換言すると、「技術」を使いこなす人々の意識や道徳心が未成熟な状態にあり、そのことが、現在、さまざまな問題を引き起こしている状況に気付くことである。